top of page



Gallery IYN

「 ART INPUT 」



会期:

『ART INPUT vol1』 2024月11月21日(木)~11月24日(日)

『ART INPUT vol2』 2024月11月28日(木)~12月1日(日)

(※休業要請が出た場合などは延期となる可能性がございます。予めご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。)


営業時間:11時〜18時


会場:Gallery IYN(大阪市北区中崎西1丁目8-24アインズビル梅田101)


※通販購入のお問い合わせは下記まで

Twitter:@artandselection / Instagram:@artandselection.iyn

メール:info@artandselection.com

-------------------------------------------------------------------------------





ART初心者の方に!!

貴方はどう考える?? 自然や旅行、読書よりも、ARTには価値があると言える理由


こんな風に思った事はないですか?

「この人の意見やアイデア凄いな。」

「この人のお話し凄く楽しい。」

「この人の考え方、ユニークだな。」

またその逆はどうでしょうか



私達の行動や発言には、見たり、聞いたり、読んだり、様々な体験が影響しています。

つまり体験の質、(インプット)から、その人の行動(アプトプット)が生まれます。

人の言動は、体験に大きく影響を受けます。

つまり、体験の質が、その人の魅力や能力の質を決めるとも言えます。


皆さんの体験の質はどうでしょうか?

同じ情報、同じ体験、同じ毎日を過ごしていませんか?


利便性を追求するあまり、全てが最適化され、単純化される社会では、多くの体験を漠然と消費しがちです。(以降、漠然体験消費と言います) 例えば、紫陽花。 紫陽花と言っても、一つとして同じ紫陽花はありません。 花びらの形や大きさ、色の濃淡、全て違います。種類が違えば尚更その違いは顕著ですが、私達は、その全てを紫陽花として認識してしまいます。 何故かと言えば、個体差はあるものの、全てを紫陽花という記号で括ってしまったほうが便利だからです。 一つ一つ違う紫陽花を、一括りに紫陽花として捉えると言う事。 これこそ、漠然体験消費です。 この漠然体験消費には、発見も気付きもありませんし、そこから新しい何かが生まれる事はありません





一方こんな体験はどうでしょうか。


自然の美しさや厳しさを感じながら生活をすれば、否が応でも、毎日新しい発見や気付きを得ます。 何故かと言えば、自然は貴方の事を気遣ってはくれません。刻一刻と変化する環境中では、漠然体験消費型の生活をする事自体、困難だからです。

大自然の中で生活したり、色々な人と話したり、行った事のない場所へ旅行をしたり、新しい事にチ ャレンジする事も、新しい発見や気付きを得る体験になります。

そんな体験を重ねた人と、漠然体験消費ばかりの人との間では、個性や独自性、 新しい何かを生み出す力といった点で、違いが生じてしまいます。


【貴方の毎日はどうですか。漠然体験消費の連続になっていませんか】


色々な人と話したり、行った事のない場所へ旅行をしたり、新しい事にチャレンジする事は、簡単な様で難しくもあります。 時間は有限ですし、経済的問題もあります。性格や得て不得手もありますので、 誰もが簡単に、質の高い体験ができるとは限らないのです。 そしてもし、体験したとしても、 自分と近い考え方や、自分にとって都合の良い体験を求めがちです。 結果として、自分の気持ちに心地よい同じ漠然体験消費を繰り返しがちになるのです。 本棚に並ぶ書籍も、ネットから得る様々な情報も、貴方というフィルターを通して得た体験です。 スマホ画面にリコメンドされる情報は、その最たる例と言えるでしょう。 そこから多様な価値観を形成する事は困難ではないでしょうか。 貴方は、漠然体験消費を繰り返してはいないでしょうか。 自分の価値観に近い情報だけを消費していないでしょうか。


そこでもし、自分の価値観や嗜好、先入観を全てとり去った体験や、自身の事を一切気遣ってはくれない体験を、日常的に自分の中にインプットする事ができればどうでしょうか。もしそんな事ができれば、貴方の価値観は、どのような成長を遂げるのでしょうか。考えただけでもワクワクしますよね。しかしそんな事、可能でしょうか?






答えはYES、それこそが、ARTです。


そして、自分の中に、自分の意志が介在しない情報をインプットする事。つまり、本来のART が持つ根本的な価値に、改めてフォーカスするアートフェア、それが、 「 ART INPUT 」です。


【絵は、アーティストがこれまで歩んできた人生そのものです。】


自分の考えや伝えたい事、感情やアイデア、言葉にならない感覚的な何かを表現する事、それがARTであり、その結晶が作品、絵と言えるでしょう。 ARTは、貴方の考え方とはかけ離れた物である可能性があります。さらに、視覚から得る特性上、意識的な選択行為を介さない経験となります。 即ちその経験は、日常生活では到底たどり着く事が出来ない経験となり、そこか らは、無限の可能性が生まれます。 大袈裟に感じるかもしれませんが、ARTから得た体験には、誰も辿りついた事の ない未踏の大陸や深海、この世界の果てに到達した時に得る感動的な体験のように、貴方の価値観を根底から揺さぶり、覆してしまう程のインパクトがあるのです。 ミシガン州立大学、ロバート・ルート=バーンスタイン氏の研究で、ノーベル賞を受賞した科学者には、アート関連の趣味を持つ人がほかの科学者と比べて3倍も多いと言う結果があるくらいです。 有名な事例で言えば、Apple社を創業したスティーブ・ジョブズ氏は、絵画に囲まれながらマーケティングやアイディアを思索していました。 他にも、TwitterやYouTube創業者達の中にも、ARTや、アーティストに影響を受けたと公言している人達がいます。 このように事例をあげると、ビジネスパーソンにとって有益な物だと思うかもしれませんが、それだけではありません。 老若男女、全人類にとって価値がある事を断言しておきます




ただ、そう言った価値のあるART ですが、何も考えずぼーっと絵を眺めているだ けでいいはずはありません。


【ARTの見方】

ARTを見るポイントをご案内させて頂けるとすれば、 “好きな絵を探す”事に捉われない事。 “好きな絵を探す”ではなく、“自分の好きを探す”に重きを置いてARTを見て下さい。 ただそれだけで、ARTを、貴方にとって有益な体験とする事ができるはずです。 第一印象? 頭の中に浮かんだ事? どう言葉で表現するのか? 作品のどこが気になるのか? そんな問いかけを、自分自身に繰り返す事で、何を美しいと感じ、何に感動するのか、そして何を思うのか。そんな風に、ART を体験する事ができれば、感覚が 研ぎ澄まされていきますし、新しい価値観に気づく可能性はより高くなります。

私は、誰にでも、新しい価値観や、気づきをもたらすARTの力を “ART INPUT”と名付けました。


“誰もが気軽にアートを楽しめるギャラリー”が、IYN(アイン)のコンセプト。

正にそのコンセプトをメインテーマにした、ギャラリーIYN渾身の企画!!


【出展作家、作品について】

今回、開催されるART INPUTでは、それぞれの会期に20名程のアーティストを揃えます。 今を生きるアーティスト達のこれ迄と、ありのままの現在を感じる事ができます。 経歴や、活動のスタンス、ジャンルや技術も違うアーティスト達には、やはりそれぞれの人生があります。


今回、ギャラリーIYNが

“とりわけご紹介したい” “多くのお客様に知って欲しい” そう感じるアーティスト達、 “この作品を見てどう思いましたか” そう問いかけたくなる作品を揃えます。

そして何より、我々自身が、“もっと知りたい”そう強く感じるARTをご紹介致します。



■ARTの楽しみ方は無限にありますが、一例としてこちらの記事をご案内致しています。

URL URL URL


■2023年12月からのギャラリーIYN企画テーマとニューラインナップ

選りすぐったアーティスト達の作品を準備して、皆様のご来場をお待ちしていますので、有意義な時間をギャラリーIYNでお過ごしください。


ご来場の皆様と一緒に、考えたいテーマ について

「GIFT」

「ART INPUT」

「個性について考える」

「情緒」

それぞれの特徴と相関関係


ニューリリース

「若き詩人への手紙 MESSAGE展」



GIFTでは、アーティスト達に、自分に欠落している事、ART INPUTでは、過去の経験から、悲しかった事、辛かった事を取材して、記事を掲載させていただく予定です。(記事は https://www.gallery-iyn.com/artist-introduction にてリリース予定)




=========================================

※以下、出展規約は、ページ公開のタイミングで削除されますので、ご注意下さい。



【出展規約】


*スペース内に収まるように作品はご用意ください

 スペースに収まる内容であれば、作品数、作品サイズ、製作テーマは自由です。

(※目安としては、小コの字ブースのひと壁面には

A4サイズであれば縦向きで6点、B5サイズであれば9点ほどがすっきりと見やすい展示となります。

木棚ブースはポストカードサイズのミニ額で1段につき約5点ほど、

イラストの他にもアクセサリーや羊毛作品、立体作品を展示したい方にお勧めです)


*グッズもグッズスペースに収まる範囲でしたら種類・数は問いません


・作品の中に必ず1点以上、完全未発表作品を入れて下さい。


・会期スタート迄に、(2024年5月頃目安)辛い経験や苦しみをお電話にて取材させて下さい。その内容を、作家紹介として、ギャラリーIYNホームページ、メールマガジン、LINEにて公開する事で、集客していく企画です。

※ 取材に関しては、赤裸々にお答え頂いても良いし、

“負の感情は連鎖するので表に出したくない。” “言葉として残したくない”等、

質問に対する率直な意見でも大丈夫です。

アーティスト達の経験や考え方に触れる事が、芸術性を深く理解するきっかけになればと思います。


*デジタル作品をデータで入稿される場合は、B5サイズもしくはA4サイズで出力・額装して展示させて頂きます。(インクジェットプリンタにて出力)

「 解像度:350dpi / カラー設定:CMYK / 保存形式:.jpg .png」でご用意ください

※印刷額装希望での追加料金はございません。

※デジタル作品のみ、印刷額装とさせていただきます。


*名刺の設置可能です。(20枚まで)

*販売マージンは売上の30%(売り上げの振込手数料はアーティスト様負担です)


*作品の往復送料はアーティスト様負担です。


*作品到着締め切りは 会期の7日~10日前です。

発送伝票の品名欄に企画名をご記入のうえ、下記住所にお送り下さい。

※作品返送用の送り状 ( 返送先住所をご記入頂いた着払い伝票) を必ず同梱して下さい。

住所:〒530-0015 大阪市北区中崎西1-8-24 アインズビル101号 Gallery IYN


作品情報は下記URLより会期の10日前までにご入力ください。



*出展料のお支払いにつきましては申込みより10日以内でお願いしております。

 お支払いに関してご都合が悪い場合、担当者にお気軽にご相談ください。


*お申し込み後8日以内のキャンセルは振込手数料を引いた金額をご返金いたします。 以降のキャンセルにつきましては出展費用の全額をもってキャンセル料とさせて頂きます。 または、会期の繰り下げ・別の企画展への振替も可能です。


※振込期限が過ぎてもご入金がない場合は経理よりメールやDMにて確認のご連絡をさせていただきます。そちらの連絡より2か月を過ぎてもご連絡がない場合はキャンセルされたものと判断させていただきますのでご了承くださいませ。





Comentarios


bottom of page