top of page


兎田 in GIFT2024


会期:2024年9月5日(木)~9月8日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





イラストレーション
「 青に染る 」

兎田 経歴


・個展数回


・販売実績有り


















モチーフの固有色だけでなく、様々なの色彩を用いることで、鑑賞者の目を画中に引き込むような力のあるイラストを目指したい。

そう語る兎田は、中学生の頃から固形水彩絵の具で彩色作品に着手した。

高校生時代にはSNSを通して知った透明水彩絵の具を駆使するイラストレーターに憧れを抱き、以来 自身も使用するように。


このキャラクターに似合う色、相応しい色は・・・と考えながら、兎田は思い付くままに紙へ色を乗せていく。その作業はとても楽しく、時には意図していなかった効果が得られ、理想を超える色調が生まれることもあり、そうした偶然性も水彩画の醍醐味だ。

一方で、つい色を重ね過ぎて失敗することもあり「ベストな状態で筆を止めることが難しい」のだとか。


水彩の他 コピックや色鉛筆も愛用し、最近は機会が減ってしまったがデジタルイラストも手掛けており、その表現手法の幅は広い。


pixivで発表した作品に、閲覧者が色彩に関するタグを付けてくれた折は、特にこだわりを持っている描いている点だからこそ、その喜びはひとしおだったそう。

色彩に定評のある兎田だが、その自由で独創的な“色”を生み出すためには、念入りな下描きが必要だ。

彩色を始めてからでは修正ができないため、モチーフの形態や構図のバランスを納得の行くまで考え抜く。

そうした下絵に支えられて、彼女の豊かな色彩世界は築かれているのである。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


兎田:絵を描くのが好きで段々自分の世界観を表現したいと思う様になったのがきっかけです


イラストレーション
「 夢の繭 」

幼い頃から絵に夢中だった兎田を、周囲の人々は温かく見守ってくれた。


特に父親は仕上がった絵を褒めてくれるだけでなく、「次はこんな絵を描いてみては」と助言もしてくれた。

キャラクターのイラストだけではなく、様々なものを描くようにと促されて写生もするようになり、発表こそしていないが、兎田は身近な動物をモデルにスケッチをすることも多いそうだ。

父の発案で知人の喜寿の祝いに似顔絵を描き、その絵が祝いに訪れた画家の目にも止まったこともある。


兎田の才能は、イラスト以外でも開花していると言えるだろう。


残念なことに、良き理解者であり、いつも背中を押してくれた両親は もうこの世にいない。

しかし、両親同様に自分の絵を見てくれる妹や叔母の存在が、今は大きな心の支えになっていると兎田は語る。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


兎田:どうかこんな日陰の作品が貴方の世界観を少しでも広げますように


イラストレーション
「 召し上がれ 」

描いたイラスト1点1点は、兎田にとって大切な我が子。

展覧会で作品が売れた際は「あの子、お嫁に行けたんだ!」と安堵すると共に、購入者に末永く愛されるようにと、今後の幸せを祈る気持ちになるという。


自分が描いていて楽しい事は勿論だが、誰かに喜んでもらえるように・・・

誰かの心を射止め、愛されるに足る魅力を作品に与えらるように・・・

そうした願いを込めて、彼女は創作に取り組んでいる。


思うような描画ができず、制作が苦になることもあるが、描き手の自己評価が必ずしも作品の真価であるとは限らない。

失敗したと思った作品でも、鑑賞者には好評という事もしばしばある。

そうした経験から兎田は、描くことが苦しい作品であっても、評価を他者に委ねるために、完成まで描ききるよう心掛けているそうだ。


「このキャラクターをもっと描きたいな」「この色調で他の作品も描きたいな」と、描けば描くほど、次の創作へと心が駆り立てられる。

「創作をすることで、自分の世界がどんどん広がっている」そう兎田は話してくれた。


彼女に敢えて、社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


兎田:誰かを助けるということ、見て見ぬふりすることが多い気がします


(取材/執筆:大石)

 

兎田の作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


兎田のSNSも、是非ご覧ください。

X(twitter): @Beeusg


いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


兎田へのお仕事ご依頼、お問合せはこちら上記SNS DMへ















Comments


bottom of page