top of page


mimi in GIFT2024


会期:2024年9月5日(木)~9月8日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





女の子のイラスト
「 なんでもないひ 」



嘗ては、ひたすらに自分の“好き”だけを追及して絵を描いていており、絵を描くことへの情熱は今も変わりがないが、子供の頃の創作から一歩踏み出して現在は「絵を鑑賞してくれる人の視点を考えるようになった」とmimiは語る。


画中の少女は、自分にとって、愛らしく、癒しと元気を与えてくれる存在であると共に、鑑賞者にも好意を持ってもらえる存在であってほしい。

そんな願いもあって、彼女は自身の作品をなるべく客観視するよう心掛けている。


そうしてmimiの手によって生み出されてた少女たちは、普遍的な魅力で見る者の心を掴み、そのあどけない表情は、こわばった心も優しく解きほぐしてくれるようだ。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


mimi:ふんわり且つシンプルな絵柄を意識して創作しております。

SNS等で様々な方の活動に刺激を受け、大人になってからまたイラストを描き始めました。


少女のイラスト
「 公園へいこう 」

社会人になってから絵を再開すると共に、mimiは独学でデジタル手法を習得した。

以前から、「ふわふわした絵だね」と評されることが多く、その感想が嬉しかったこともあって、再開後もその要素を作品の核にしている。


シンプルな絵柄へのこだわりは、過度な描画でごまかすことなく、描き手の人柄をそのまま画面に宿すことができると考えているから。

彼女のイラストは、飾らぬ真心そのものであると言えるかもしれない。

シンプルさを維持するために、使用する色はかなり絞っているが、その作風は決して地味ではない。

少女の愛らしい表情ゆえか、むしろ華やかさまでもが感じられるようだ。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


mimi:自然とにこやかになってくださるような、あたたかな気持ちをGIFTしたいです。


ファンシーイラスト
「 うみ 」

SNSはmimiにとって、時に制作にあたってのインスピレーションを与えてくれるものであり、また鑑賞者と自分を繋いでくれる大切なコミュニケーションツールだ。

絵を広く発信するようになって、自分の絵を好きと言ってくれる人、応援してくれる人が増え、「その出会いに感謝の思い出でいっぱいです」と彼女は語る。

「絵柄が好みです」という感想をもらった時は、何にも増して嬉しかったそう。


平日でも仕事の休憩時間も活用して絵を描いているというmimiは、着想を得てからほぼ1日で作品を完成させているという。

今後の目標について尋ねてみると「まずは目の前のことを着実に、一生懸命取り組んで参りたいと思います」と答えてくれた。

その言葉に、彼女の実直な人柄が伺えるようだ。


彼女に敢えて、社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


mimi:何事も穏便に済ませたいため、自分の意見をなかなか言えないことが多々あると感じております。


(取材/執筆:大石)

 

mimiの作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


mimiのSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @mimi_co_9

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。















Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page