top of page


ほくるん。in GIFT2024


会期:2024年10月11日(金)~10月14日(月)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





イラスト
「 素敵なお花畑 」

ほくるん。 経歴


・「花飾り展2023」出展(Gallery IYN)


・「ゆるかわ展2024」出展(Gallery IYN)


・生ぷりシール 作成・販売(Gallery IYN)


・未来応援プロジェクト2023(福岡市内 電光掲示板放映)












かつては一度諦めた“絵”の道。

しかし、ほくるん。は趣味として描くことを続け、また仕事で商品のPOPを作成する機会もあり、“創作”は彼女の生活の中から消え去りはしなかった。

POPの他にも、店頭でリクエストを受けて、熨斗紙にちょっとしたデザインを描き入れてみたり・・・

絵を生業とする訳ではないが「私のイラストでも喜んでくれる方々がいる」と実感した ほくるん。 は、改めて「もう一度創作に向き合ってみよう」と表現の世界に踏み出した。


以前は鉛筆でコミックイラスト調のモノトーンイラストを描いていたが、デジタル画を習い始めたのを機に着彩表現を挑戦するようになる。

オリジナルキャラクター“レオタードにゃんこ。”の原点は、かつて授業中にノートの隅によく描いていた落書きなのだとか。

「あの落書きをデジタル技法で描いたらどうなるのだろう」また「色を付けたらどうなるのだろう」という思い付きから発展したのだそうだ。


デジタル技法も着差表現もまだ経験が浅く、特に色付けには苦手意識がある。また「自分は発想力や独創性に長けている訳でもない」と語る ほくるん。 。

けれど、自身のイラストで人を笑顔にできたという思い出たちが、背中を押してくれている。

多忙な毎日の中で彼女は、時間を縫ってイラストと向き合い、その表現を模索中だ。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


ほくるん。:小学生の頃から絵を描く事が好きでした。絵に携わる仕事につこうと中学生の頃考えておりましたが訳あって断念しておりました。し

かし、年月が経ちどんどんネットでの公表の場などが増えてきた為、私も何かしらの形で宣伝活動出来たらいいなと思い、今現在模索しながらイラスト投稿を行っております。


キャラクターイラスト
「 レオタードにゃんこ。ですっ!! 」

まん丸な目をした男の子にゃんこの“ぷー君”と、まつ毛が愛らしい女の子にゃんこの“もこちゃん”は、かつて彼女の家で飼われていた猫がモデルだ。

ほくるん。のSNSでは、この2匹の“レオタードにゃんこ。”の日常や、様々な動物や果物などに扮装した姿が見ることが出来る。

たとえば「ミツバチの日には蜂の姿で」と多様な記念日になぞらえてみたり、制作時の季節感を取り入れてたり・・・そのバリエーションはこれからも増え続けていくだろう。


ちなみに、彼等が普段レオタードを着ているワケを訊いてみると、ほくるん。の母がかつて新体操をしていたことに由来するらしい。


描画にあたって、ほくるん。が特に意識をしているのは、輪郭線。

「自身の理想にはまだまだ到達できずにいるが、滑らかで美しい線を目指している」と話してくれた。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


ほくるん。:今回のGIFT展で私は初参加となりますが、見て下さる方にほっこりするような癒しをお届け出来ると嬉しいです。少しでも多くの方に立ち止まって、''あっ,,あの子たちカワイイなと思って頂けるようなイラストを準備しておきたいですっ!


キャラクターイラスト
「 アヒルさんの行進 」

イラストを本格的に描くようになった当初、ほくるん。は その作品をSNS等で発表することは念頭になかったという。

しかし、周囲のSNSユーザーにつられて投稿をするようになり、今では閲覧者からの“いいね”やコメントもまた、創作の励みになっている。

近頃は更新頻度が少なくなってしまっているが「投稿を見るのが楽しみになっています」という声も寄せられ、頑張らなくてはと意欲が高まるのだそうだ。


今後はデザインフェスタへの参加や、他のクリエイターや企業とのコラボができるよう、積極的に売り込みもしていきたいと考えているという。


彼女に敢えて、社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


ほくるん。:今の時代、テクノロジーが発展してきてイラストも、AIやCGなどが多様化される時代になってきました。そんな中で独創性やユーモアを試される中で私自身、苦手意識のある分野でもあります。SNSなどで、簡単に自身の作品を披露出来る中で、色んなクリエイターさんを尊敬し、焦りなども感じます。なかなか簡単に出来ることではありませんが、私は私が感じたままにその思いを形に出来る様なクリエイターになれたらなと考えています。


(取材/執筆:大石)

 

ほくるん。の作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


ほくるん。のSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @moco.pnyu

X(twitter): @mocopnyu

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


ほくるん。へのお仕事ご依頼、お問合せはこちら下記アドレスへ

t19k6m15t4@gmail.com

「メールでは気付きにくに事があるかもしれないので、なるべくXかInstagramにご連絡を頂ければと思います」by ほくるん














Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page