top of page


マーテスin GIFT2024


会期:2024年8月8日(木)~8月11日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





人物イラスト
「 チャイナ娘 」





小学生の頃、友人宅を訪問した際に、初めてコピックというものを知ったマーテス。

それは友人の姉の持ち物で、「大切なものだから触っちゃいけない」と言われたこの未知の画材の名は、幼き日の彼女の心にしっかりと刻み込まれた。

それから中学生になり、周囲にコピックを買ってもらったという絵描き仲間が居たことから、マーテスも母にねだって、念願の画材を手に入れる。


しかし初めは、思うように扱うことが出来ず、相当苦戦をしたそうだ。

だが、高校から始めたSNSでコピックで巧みに描かれたイラストレーションを多く目にして、どうにか近づきたい、上達したい一心で彼女は挑み続けた。

時間の許す限り、放課後は絵に没頭する毎日だったという。


マーテスの作品は、キャラクターの衣装や装飾品の質感までも伝わる細やかな描画と、その彩りの美しさが魅力だが、彼女の目指す理想には未だ程遠く、現在も描画方法を模索中だ。

自身の力不足に落ち込むこともしばしばだが、落ち込んでいるだけでは道を切り開くことはできない。

「とにかく描くしかない」

自分を鼓舞しながらマーテスは、余暇はもっぱら制作に打ち込んでいるそうだ。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


マーテス:幼少期の頃から絵を描くのが好きでしたが、小学生になり当時同じクラスに絵を描くのが好きな子と一緒になり

最初は遠くからその子が絵を描いてるところを見ていたのですが、次第に自分も上手に描けたら楽しいのかなって思うようになって一緒に描き始めたのがきっかけでした。


人物のイラスト
「 蒼い果実 」

マーテスの描き出すファンタジーチックな世界観は、中学生時分からのめり込んだゲームの影響が大きい。

中でもカードバトル型RPG「神撃のバハムート」に強く心惹かれ、その美しいカードの絵柄に魅了されたのだそう。

重厚で、華麗な装飾が施されたカードたちは、彼女に目指すべき目標を提示してくれた。


「神撃のバハムート」には、数多くのクリエイターが携わっているが、マーテスが心の師と仰いでいるのが、イラストレーターの虫麻呂だ。

そのイラスト作品にはどこかに必ず紫色が用いられていることから、彼女もそれに倣っているのだとか。


憧れに近づくために、納得のいく作品を描けるように、一枚でも多く絵を描くことは勿論だが、同時に観察眼を養うことも重要とマーテスは考えている。

特に力を入れている金属の表現にあたっては、光に当たるとどのように反射をするのか、どのように影ができるのか、普段から注意を払っているのだそうだ。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


マーテス:私の作品は非力ながらも儚さ、繊細、美しさ、力強さを感じとっていただけると幸いです。また唯一絵を描いている時だけのびのびできているので自分の好きなものを詰め込んだ要素や自由に描いてるところも見ていただきたいです。


人物イラスト
「 勇姿 」

時間を忘れて夢中になれるものがある。

必死になれるものがある。

毎日を豊かにし、生活にメリハリを与えてくれる創作活動についてマーテスは「やっていて良い事しかないです」と語る。


また、創作はビジネスではなく、飽く迄も自身の生き甲斐として続けていきたいと考えているそうだ。

自分にとって心地が良く、納得のいく絵を描くことが目的であり、クライアントの要望に左右されることなく、自分のアートを追及する・・・心から望んで描くものだからこそ、決して妥協を許さない。


将来的には、そうして描ききった力作たちを、イラスト単体として見てもらうだけでなく、「グッズ化も検討している」とも話してくれた。


自身の設定した着地点に向かい、ひたすら歩みを続ける彼女に敢えて、社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


マーテス:圧倒的に自分の実力不足を日々痛感しております。まだまだ自分の中での表現の仕方、発想力、独創性も欠けており全然ついていけてないと感じるばかりです。


(取材/執筆:大石)

 

マーテスの作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


マーテスのSNSも、是非ご覧ください。

X(twitter): @matesu4565

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。

















コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page