top of page


Ten。 in GIFT2024


会期:2024年3月7日(木)~3月10日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





魔女と蝶々のイラスト
「 魔女と青い蝶 」

Ten。 経歴


・2023年3月 Gallery IYN『天使と悪魔』展 出展


・2023年7月 Gallery IYN『喫茶IYN』展 出展


・2023年9月 コミティア145『さくら色に染まる宇宙』にて出展



 

※写真は光調整などの加工をしております。

※展示写真は保存・SNSでの使用全て可能です。















描いていて、まず自分が楽しめること。

また、絵を見てくれる人も同じ様に楽しみ、明るい気持ちになれる絵を・・・


Ten。 が少女イラストを描く上で大切にしていることは、絵を通してポジティブな感情を伝えること。


子供の頃からお絵描きが大好きで、中でも女の子の描写が得意だったTen。 にとって、ポップな少女像は、もっとも自分らしさを発揮できるテーマ。

ファッションへの関心も強く、自ずと衣服の描写・デザインにも力が入り、画中の少女はその華やいだ表情といで立ちで、鑑賞者の心を和ませる。


現在はTen。 は専門学校生で、イラストレーション科に在籍中。

入学した時から将来を見据え、自分の世界観を広く発信すべくSNSで作品を発表してきたほか、展覧会やイベントなど学外でも自身の作品をアピールしてきた。

学校ではイラスト技法だけでなくグラフィックデザイン等も学び、アニメーションやmvなど動画制作への挑戦にも意欲を見せ、漫画作品やVtuberキャラクターデザインも手掛けてみたいと考えているのだそう。


さまざまな夢を描いてTen。は、これからより大きく、より力強く、イラストの世界で羽ばたかんとしている。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


Ten。:おしゃれでポップな女の子をコンセプトに創作キャラクターのイラストを制作しています。

特にキャラクターの衣装デザインや色使いには力を入れて描いています。

絵を描くことは幼い頃から好きで、デジタルイラストを描くようになったのは高校生の頃からです。2022年から本格的に創作をはじめ、現在も学校生活と両立させながら絵を描いています。

見てくれた方が楽しめたり、ワクワクするような絵を目指しています。


ポップなイラスト
「 SpacePop! 」

画中のキャラクターや、イラスト全体のデザイン性を重視するTen。 は、線の描写から着差委部分まで、「果たしてこれで良いのか」と自問し、何度も何度も見直しを行う。


描こうとするテーマを鑑賞者にきちんと伝えるためには、画面全体の色合いが重要と考えており、配色を決める際にはよくよく吟味が必要だ。


テーマのイメージが崩れないよう、使用する色には統一感を持たせるが、その色味は決して単調なものではない。

Ten。 の生み出す色彩は、明るく煌くようでありながら同時に深みも感じられる点が、非常に魅力だ。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


Ten。:見てくれた方に楽しさとワクワクする気持ちを届けたいです!

いつも絵のアイデアや構想を考えるとき、「こんな世界があったらいいな」「こんな服があったら素敵だな」といった気持ちが大きく反映していると思っています。

私自身も自分の中のワクワクする気持ちを形にできるよう楽しみながら描いているので、見てくれた方にも伝わったらいいなと思います。

このGIFT展が学生生活最後の展示会ということもあり、自分の成長を実感できる展示にしたいと強く思っています。忙しい中での制作になってしまいますが見てくれた方に楽しんでもらえるよう気合入れて頑張ります!


人物イラスト
「 NightCity 」

自分の思いや考えを言葉にすることに苦手意識があるというTen。 は、イラストは自分の好きな物、魅力を感じている物、その素晴らしさを他者に伝える切っ掛けとなるツールと捉えている。


展覧会やイベントへの出展作品を制作する際は、作品が会場でどんな風に展示されるだろうかと想像すればワクワクと胸が弾み、楽しさもひとしおで気合も入るのだそう。


絵を見に来てくれる人は勿論、同じ道を志すクリエイターとネット以外の場で知り合うことが出来るのも参加の醍醐味。

あらゆる刺激を受けながら、「自分の世界がどんどん広がって行くのを感じます」とTen。は語る。


彼女は、これからもたくさんの発表の場で多くのクリエイターと交流し、自身の感性にさらに深めていくつもりだ。


徐々に描画力にも磨き化がかかっているという実感、自信をエネルギーに変え、この道を歩み続けるであろうTen。 に、敢えて社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q.現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


Ten。:自分自身のことになってしまいますが周りの人と比較するとものすごく不器用だなと思っています。私の周りは自分の特技や才能をうまく活かしている人が多いので、私ももっと成長しないといけないと思ってます。

現代社会についてはあまりそのようなことは考えたことがなかったのでこれを機に目を向けてみたいと思います。


(取材/執筆:大石)

 

Ten。の作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


Ten。のSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @ten_meremani

twitter: @Ten_9898

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


Ten。へのお仕事ご依頼、お問合せはこちらから↓

skebにてリクエストを受け付けています。」by Ten。
















Comments


bottom of page