top of page


神鳥 光 in Gift2024


会期:2024年3月1日(金)~3月4日(月)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





白雪姫のイラスト
「 鏡に映るは白雪姫の真実 」

神鳥 光 経歴


イラストサークルにてサークル長を務める


同人即売会に参加


・「童話展~光と闇の物語~」参加 (Gallery IYN)


・「幸せの花園 vol.3」参加(Gallery IYN)



 

※写真は光調整などの加工をしております。

※展示写真は保存・SNSでの使用全て可能です。














大学のイラストサークルではサークル長を務め、同人冊子や学内イベントの冊子などで、率先的に創作活動を行ってきた神鳥 光。

社会人となった現在も、自分の思いを絵にぶつけることで、毎日のモチベーションが上がっているという。

もし「絵」が、「創作活動」が自分の生活になかったら・・・

仕事に打ち込むだけで、心の内を吐き出す場がなく、ストレスを抱え込んでしまっていたかもしれない。 休日にパソコンに向かって絵に打ち込む時間が、この上なく楽しいと神鳥は語る。 そんな彼女が、イラストを日常的に描くようになったは中学生の頃から。 教育熱心な美術教師によって、絵を描く楽しさを教えられた。 厳しい先生という印象もあったが、いかにその授業が他校と比べて充実していたかということを、後に神鳥は他中学出身者の友人との会話から実感したという。 国展出展作家でもあったその教師との出会いから、授業時間以外でも絵の世界に没頭するようになり、独自の世界観をイラストで表現するという行為は、神鳥の毎日に豊かな彩りを与え続けている。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


神鳥 :創作のコンセプトとしては、記憶です。キャラの1人1人の記憶を辿って創作をしています。

創作活動を始めたきっかけは、アニメやゲームが好きで自分も物語を書きたいと想いから始めました。


イラストレーション
「 記憶の大図書館の管理者 」

中学生から現在にかけて、神鳥は様々なストーリーを空想して絵に描いてきた。

大好きだった「ドラゴンクエスト」シリーズの影響もあり、全体にファンタジックな世界観の作品が多い。


また、堕天使など「善(または聖)」と「悪」を内包したキャラクターにも強く心惹かれ、人物像を掘り下げるために、キャラクターの気持ちになりきって物語を紡ぎ、イラストにしているのだという。


その二面性への関心は、残虐な描写を取り除いて改変された一般的な白雪姫のイメージと、グリム兄弟が編纂した原典のイメージを踏まえて描いた「童話展~光と闇の物語~」の出展作においても、顕著に表れていた。


現在は、 異世界の図書館で人々の記憶が封じ込められた管理する司書をモチーフとして、作品の構想を温めているそうだ。

記憶の番人と共に、神鳥はどんな世界を旅するのだろう。

そして私たちに、どんな世界を私たちに見せてくれるのだろう。

展開がとても楽しみである。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


神鳥 光:夢を見ているような物語の世界に迷い込んだようなそんな不思議な気持ちをお届けしたいです。そのためにも様々な世界を描いて行けたらと思います。


イラストレーション
「 過去と未来の狭間 」

深みのあるオリジナルストーリーとキャラクターを創造するにあたって、神鳥の心掛けは、人物の心情に思いを馳せるだけに留まらない。

宝石職人のキャラクターを描いた際には、実際に宝石研磨の体験をしてみるなど、キャラクターに近づける機会があれば、進んで挑戦している。


題材に選ばなければ経験できなかったであろう事や、増えなかったであろう知識・・・

それらは、創作活動が神鳥に与えてくれた掛け替えのないGIFTである。


また、周囲の出来事、出かけ先で見かけた人にも注意を払うなど、一見自分とは無縁に思えるものでも関心を持つようになった。


これからもあらゆる物にアンテナを張り、思い浮かんだアイディアの参考になるワークショップがあればぜひ参加したいと神鳥 光 は語る。

好奇心と意欲があふれる彼女に、敢えて社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q.現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


神鳥 光:個性が欠落していると感じることが多いです。最近ではAI絵も増えて綺麗な絵が当たり前のようになってきて、作品に個性が薄れてきていると感じることが増えたと思います。


(取材/執筆:大石)

 

神鳥 光の作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


神鳥 光のSNSも、是非ご覧ください。

twitter: @sinntyou1003

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


神鳥 光へのお仕事ご依頼、お問合せは X DMまたは下記アドレスへ↓



《 神鳥 光 プロフィール 》


ハンドルネーム:神鳥 光(読み方:しんちょう ひかり)


生まれ北海道、育ち東京

趣味:創作、宝石集め、レジン等のアクセサリー作成

大学1年〜大学4年生イラストサークルに所属。その内1年副会長、2年会長を担当。

色彩検定3級取得。















Comments


bottom of page