top of page


りぐれ in GIFT2024


会期:2024年8月8日(木)~8月11日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





女の子のイラスト
「 開花 」

りぐれ 経歴


・中学、高校時代は美術部に所属

・日本デザイナー学院九州校 卒業


・「天使と悪魔」展 出展(Gallery IYN)

・「ゆめものがたり2」展 出展(Gallery IYN)












絵を描くことの他に、子供の頃から草花などの自然物に親しみをもって育ったという りぐれ。

実家の庭には様々な花やハーブが育てられており、また植物園へもよく連れて行って貰ったそう。

彼女にとって植物はとても身近な存在で、農業高校では花・野菜・果物の特性・育て方を専門的に学び、その理解を深めた。

それらを絵のモチーフとする時、知識と経験は存分に発揮され、植物とともに過ごして来た日々が作品に力を与えてくれる。

作品ごとにモチーフの参考資料を用意し、植物も植物以外のものも、1つ1つ手を抜くことなく描き込むことが りぐれのポリシーだ。


高校生までは水彩やコピックマーカー、色鉛筆などを主に使用していたが、デジタル手法の方が、自身の憧れるアニメやゲームの背景描写に近づけると感じ、専門学校からは特にデジタル表現に力を注ぎ、現在に至る。


デジタルならではの色鮮やかな発色と、写実的な描画表現によって、描かれたキャラクターが生きる世界の空気感が、画面の外にまで伝わってくるようだ。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


りぐれ:幼い頃から絵を描く事が好きで、常に頭の中で思い浮かんでいる世界を表現したくてイラストを描き続けています。                     

創作コンセプトは、色鮮やかでどこか幻想的な雰囲気が感じられるような世界です。

植物や空などの自然物をモチーフにすることが多いです。


少女のイラスト
「 中秋の名月 」

絵を描くことは、りぐれにとって一番の自己表現手段。

文字や言葉で気持ちを表すことは苦手だが、絵でなら自分の思いを一番素直な形で表すことが出来るのだという。


中高と美術部に所属し、休み時間にもよく絵を描いていたため、周囲は自然と彼女を「絵を描ける人」と認識するように。

学校行事でイラスト制作を依頼をされる機会も多く、彼女の人生と絵は、その頃から既に切っても切れない関係にあったと言えるかもしれない。

思い出を手繰ってみれば、それらは全て、何かしら絵と繋がっているのだ。


中でも、高校3年生の体育祭でバックパネル原画を担当したことは貴重な体験で、彼女の心の財産になっている。

通常のイラスト制作とは桁違いの大きなサイズのパネルを、美術部の仲間たちと毎日遅くまで残って制作し、自分の絵が大作となって仕上がった時の感慨と達成感、その心の高鳴りは今も忘れることが出来ない。


数々の思い出が積み重なり、それらを土壌として りぐれの世界観は花開き、今後も成長と発展を続けることだろう。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


りぐれ:今回の展示では私の一番好きな色である緑色をテーマにした作品が多くあります。

緑色を選んだ理由は、緑には安らぎや落ち着きといった印象があるからです。

私の目指す作風がそのような作品なので、私の作品を見て穏やかな気持ちになってもらえたらいいなと思います。

同じような絵にならないようにどれも構図や世界観にこだわって制作したので、細かい部分まで見て頂けると嬉しいです。




ファンタジーイラスト
「 おいしい夢 」

作品は液晶タブレットで描いているが、見る端末によって色味も変わってしまうので、りぐれ は鑑賞者がスマートフォンで見る事を前提に置き、制作途中で度々スマートフォンでの見え方も確認しながら、慎重に描き進めている。


また、作品をモノトーンに置き換えて明度設計を見直し、コントラストの強弱も確認しながら「どうしたら、絵が一番きれいに見えるだろうか」と熟考する。


そして、画中の人物を如何に自然体で描けるかという点が、作品に命を吹込むことが出来るか否かの重要なポイントだ。

丹精込めて描いたキャラクターの表情や仕草に、「是非注目してほしい」と りぐれ は語る。


今後はイラスト本やグッズの制作など、絵を見てもらうだけでなく、手に取ってもらえる形にもしてみたいと、彼女は新しい展開にも意欲を見せる。

その他、動物や機械など、これまであまり描いてこなかったジャンルの作品にも挑戦したいと考えているそうだ。


彼女に敢えて、社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


りぐれ:今の社会は時間や心に対して余裕が無いと感じます。

今は流行りを取り入れる人が評価される時代で、流行りについて行くために音楽や番組を倍速で視聴したり、長い動画は全て観ずに場面だけ観て全てを見た気になるなど、1つのコンテンツに対しての消費が早すぎると思います。

とにかく生き急いでいる感じがします。

自分自身に欠落していると感じるのは、私はかなりマイペースで流行りや新しいものをなかなか取り入れられない事です。

目まぐるしく変化していく現代社会について行けてないなと感じています。


(取材/執筆:大石)

 

りぐれの作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


りぐれのSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @rigure_illu

X(twitter): @Rigure_illu

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


りぐれへのお仕事ご依頼、お問合せは下記アドレスまたはskebにて

rigureillu@gmail.com



《 りぐれ プロフィール 》


植物と猫が好きな絵描きです

色鮮やかで幻想的なイラストを目指しています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page