top of page


mumemo むめも in GIFT2024


会期:2024年3月15日(金)~3月18日(月)

会場:ART STORE IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





人物イラスト
「 PiNK!PiNK!PiNK!(2022) /かわいく生きたい(2022) /カワイイわたしを愛してね(2023)/iDOL(2023) 」

mumemoむめも 経歴


・京都造形芸術大学 日本画コース卒業


・2021年 SNSにて創作活動を開始


・以降ギャラリーIYNを中心に多数の展示に参加。


・2024年3月 『GIFT展2024』(CreationCafeIYN) 予定


・2025年6月 『ART INPUT 2025』(GalleryIYN) 予定



 

※写真は光調整などの加工をしております。

※展示写真は保存・SNSでの使用全て可能です。















中学生の頃に、インターネットからビジュアル系バンドとそのファンである「バンギャル」の存在を知り、彼等の好むファッションや原宿文化と出会ったmumemo。

「こんなにも個性的で、可愛いファッションがあるのか!」という感動は、今も色褪せていない。

少女期から募らせていた憧れが、いまの彼女のイラスト作品の核となっている。


彼女が創作時に大切にしていることは、まず自分自身が自分の作品のファンであること。

創作者として制作をする中で落ち込んでしまう時、自信を失ってしまう時も、ファンとしての自分が「大丈夫!だってこんなに可愛いんだから!」と背中を押してくれるため、挫けずに描くことができている。


幼い頃から絵が好きで、クラブや画塾、高校・大学と美術を学び、またイラストに関しては独学で腕を磨いてきたmumemoにとって絵は正に日常の一部だったが、社会に出てから一時期筆をとらずにいたことがあった。

一度は手放したものだからこそ、絵が如何に自分にとって大切であるかを彼女は知っている。


アクリル絵具やデジタルイラストの鮮やかな発色を生かした、紫と桃色を基調とする独特のイラストは、自分らしさをとことん表現する喜びに満ちており、生き生きとして実にエネルギッシュだ。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


mumemo:創作コンセプトはKAWAIIと承認欲求。

自分に自信なんてない、不安にだってなる、でも私の『カワイイ』は最強だから今日の私はめちゃくちゃカワイイ!そんな生き方をしている子たちが愛おしくて大好きです。すぐに人と比較されてしまう現代で、自分を守るのは『自分ウケ』だと感じます。だって大好きなファッションはその日の自分に自信をくれるので!それがたとえアクセサリーひとつでも。

ピンクと紫、ゆめかわいい、地雷、チャイナ、サブカルファッション等が特に好きで絵に取り入れることが多いです。

活動を始めたきっかけは幼い頃から絵を描いてきていたのに大学卒業後数年ぱたりと絵を描かなくなってしまったこと。移り変わっていくエンタメをただ消費する立場となった自身に違和感を覚え、学生時代の友人とともにもう一度絵を描こうとmumemoが生まれました。


ブロックを描いた絵画
「 隅(2016) 」

決して時間がなかった訳ではない。

けれど、絵描き仲間に囲まれて過ごした学生時代とは環境がガラリと変わり、絵と関わりのない職場に身を置いていると、いつの間にか制作が生活の中から消えていた。

3年程の月日が流れた頃、かつての習慣を失い、絵筆をとらなくなってしまった自身の変化を、mumemoは悲しく思うようになる。


そんな彼女を絵の世界に引き戻してくれたのは、かつて同じ青春の日々を過ごした学友だった。

友人も同様に絵を描けない悩みを抱えていたが、共に同じ方向を目指して切磋琢磨すれば、再び歩み出せると二人は考えたのである。

その後 彼等は他の朋輩にも声をかけ、現在は4人グループで互いを支えながら創作に励んでいるのだそう。




辛く苦しい思いを抱えている時も、絵を描いている瞬間は悩みから解放されて、無我夢中で自分の「好き」を探求することができる。

また、絵を通して個性的なクリエイターとの交友が広がる中で、彼等に負けないぐらいに自分も自分らしくありたいという気持ちが強まった。

これからも、mumemoはよりmumemoらしく、自身の理想とするKAWAIIに向かって歩んでいくに違いない。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


mumemo:自分自身が自分の好きなものを認めてあげることで、それらは自分自身を強くしてくれる魔法になる。そう思って好きなファッションに一歩踏み出せる人が増えたらいいなと思います。

オリジナルキャラクター、うさぽんはただ「かわいい~」を感じてもらえたら嬉しいです。

たくさんのKAWAIIを準備してKAWAII空間を作ります!デジタル作品もただ普通紙に印刷して額に入れるだけではなく、現地で見て頂く楽しさにこだわって額装しているのでぜひ現地で見て頂けたら嬉しいです!


うさぎのタロットカード
「 うさぽんタロットカード(一部抜粋)(2023) 」

学生時代に日本画を専攻していたことから「KAWAII日本画」にも挑戦したいと、mumemoは次なるステップへ向けて下準備を始めているところである。


また、オリジナルキャラクターうさぽんのグッズ展開にも力を注ぎたいし、アクリル絵具で試してみたい表現もまだまだあるという。


創作への熱意がますます高まる彼女に、敢えて社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q.現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


mumemo:自己肯定感、計画性、行動力。

頭の中にはやりたことがたくさんあるのに自信が持てずなかなか行動に移せない。そしてまた行動できないことが自信の無さに繋がり、負のループに囚われて人生の中で多くのチャンスを逃してきたなと感じます…。予定を詰め込んで気付けば追い込まれた状態になってしまってしまうことが多々あるのもなおしていきたいです。


(取材/執筆:大石)

 

mumemo むめもの作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


mumemo むめも のSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @mumemocolor

twitter: @mumemocolor

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


mumemo むめも へのお仕事ご依頼、お問合せはSNS DMにて!」

「お返事に数日いただく場合が多いです。ご了承ください」by mumemo むめも


《 mumemo(むめも) プロフィール 》


自分の好きに一直線!私にとって一番のカワイイを装備した私は最強に可愛い!と自信たっぷりな強くて可愛い女の子が大好きです。生きているとやっぱり不安になることもたくさんあるけれど、それでもカワイイは私を助けてくれる。そう信じています。

♡…ピンク、紫、水色、黒、KAWAIIカルチャー、原宿、ゆめかわいい、サブカル系、地雷系、自撮り界隈、バンギャルetc

子供の頃から絵を描くのが好きで、大学時代は日本画を専攻。

当時は薄暗い風景ばかりを題材としておりました。

2021年、独学で描いていたイラストをSNSに投稿しはじめる。

以後、SNSや展示会にて作品発表を続けています。"














Comments


bottom of page