top of page


ももきち in GIFT2024


会期:2024年8月29日(木)~9月1日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





女の子のイラスト
「 サクランボの妖精さん 」





ゲームやアニメの設定資料を見るのが好きで、そこに載っている人物像をよく真似して描いたりと、ももきち は以前から“人物イラスト”に惹かれていた。

画面の中でなら、人物を自由に振舞わせることができ、自分には成し得ないことでも絵の中でなら可能になる。

例えば、それはダンスやスポーツなど・・・

実際には体験できない様々な物事を、画面の中で疑似体験できることも、人物イラスト描く楽しさであるのかもしれない。


彼女のイラスト創作は、まず描く人物が何を特技とするか、何を生業とするかという設定から始まる。

「演奏者を描こう」と閃いたら、そこから「ピアニストにしようか、バイオリニストにしようか・・・」とイメージを膨らませて、多様な人物像を生み出しているのである。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


ももきち:子供の頃から絵を描くのは好きでした。イラスト教室に通ったりしたこともあります。

成人して落描きなどはしても、本格的に描いたりはせず、あくまで趣味の範囲にとどめてはいましたが、生活環境が変わったことで時間が増え、また描いてみようかと思い今に至ります。


ファンシーイラスト
「ハロウィンの家族 」

かつてイラスト教室で、絵という共通の趣味を持つ友人と出会えたことは、ももきち にとってとても大切な思い出だ。

「同じ工程で絵を描き進めていても、彼女と自分とでは楽しいと感じる作業が全く正反対で、そのことに驚いた」と、彼女は当時を振り返る。

自分は色塗りが一番好きだったが、友人は線を重ねて描画をすることが何より面白いという。友人の得意とする緻密な線画表現は、そこに楽しみを見いだしているからこそ成せるものなのだと納得すると同時に、描き手それぞれの持ち味や個性の素晴らしさについて感じ取ることができた。

互いの個性が違うからこそ、様々な刺激を受けることができ、友人との出会いは“絵”が自分に与えてくれた最高のギフトであると、ももきちは考えている。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


ももきち:私の描くものはほとんどが人物なのですが、出来る限り生き生きとした表情や仕草を描くことを念頭に置いています。

見てくださった方から「生きる力が湧いてきます」と嬉しいお言葉をいただいたこともありました。そういった方がまたこの展覧会で一人でもいらしたらこんなに嬉しいことはありません。



女の子のイラスト
「 ブレイクダンス 」

画中の人物に躍動感や生命力を与えるために、制作時に ももきち は特に“陰影”を意識しているそう。

中でも表情には力を注いでいる。

人間の顔は、笑顔やしかめ面など、実に様々な感情を表すことのできる。

そこに効果的な影をつけることで、より説得力のある描画ができると考えているのだ。

顔のどこに、どんな風に影を落とすべきか。その思案の果てに、画中の人物に命が吹き込まれるのである。


現在は人物の職業を表す表現が主だが、今後は主題の決め方に変化をつけても良いかもしれないと ももきち は考えている。

「世界の民族衣装とか楽しそうですね」と、新しい挑戦にわくわくと心が踊る様子だ。


制作はゆっくりと、自分のペースを崩さずに。これからもずっと絵を描き続けていきたいと語る彼女に、敢えて社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


ももきち:イラストの幅があまり広くないことです。

人物を描くのが楽しいので背景や効果などまで考えが及びづらいというか。

人物だけ描いて満足してしまうことがしばしばです。

花や動物を描くのも好きではありますが、それを組み合わせるのがなかなか難しいので、単独イラストになりがちです。



(取材/執筆:大石)

 

ももきちの作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


ももきちのSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @momokichi_ill

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


ももきちへのお仕事ご依頼、お問合せはこちら下記アドレスへ

momokichi274@gmail.com


webサイト:














תגובות


התגובות הושבתו לפוסט הזה.
bottom of page