top of page


海松 in GIFT2024


会期:2024年10月11日(金)~10月14日(月)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





人物イラスト
「 Pink」

海松 経歴


・岩手大学教育学部卒


・教員免許所持(中高美術)


・特別支援学校勤務












障害を持つ乳幼児のための施設で働いていた母親の影響で、海松は特別支援学校教諭を志し、教育大学へ進学した。

担当教科に選んだのは、一番得意だった美術。

彼女は幼い頃から級友とイラストを描いて過ごし、コピックや水彩絵具を用いて作品を描いてきた。

大学ではそれに加えて絵画の基礎を学び、その知識は仕事の上でも創作の上でも役に立っている。


小学生時分、図画工作の時間で粘土で立体物を創ることも好きで、大学ではチョークを削って彫刻作品を作る課題もあり、多角度から楽しむ事ができる立体表現の魅力に改めて気付くことが出来たという。

現在アクリル絵具を用いて絵を描く際には、メディウムを混ぜることで画面を盛り上げ、立体的な側面も持つイラスト作りをしているそうだ。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


海松:コンセプト 鮮やかで豊かな色彩感

きっかけ、経緯 幼少期からお絵描きや工作が大好きで、ずっとものづくりには関わってきました。その延長線で今の創作活動があります。


イラストレーション
「 turquoise 」

海松が“色”を強く意識するようになったのは、中学生の頃から。

インターネットサイトで知ったクリエイターの作風に強い憧れを抱き、作品を魅力的に見せるための差し色など、制作時に色彩効果について考えるようになった。

そうして培った色彩センスには定評があり、大学時代は色遣いを教員から褒められることが多かったそう。


テーマカラーを定めることから、彼女のイラスト制作は始まる。

その色には、どんな人物像が似合う?

どんな服装が相応しい?

“色”からの連想でイメージが固まっていくのだ。


「描いている内に、段々と自分と相性の良い色彩がわかるようになりました」と海松は語る。

彼女の感性と化学反応を起こし、魅力あるイラスト作品に転じることができる色は赤や青、ピンク、それから紫色。 黄色や緑色は、どうも しっくり いかないらしい。

「得意とする色たちをテーマに更に作品を増やし、それらを画集に収めたい」そんな夢を、海松は現在 胸の内で温めている。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


海松:綺麗さや可愛らしさ、色彩の美しさ、華やかさ、鮮やかさなどを感じていただければ幸いです。アナログならではの温かみなどもポイントかと思います。


イラストレーション
「 Galaxy 」

美術を通して生徒と関わる中で、海松は彼等に教えること以上に多くのことを教えられているという。

生徒一人一人が実に個性的で、それぞれに異なる着眼点を持っている。

例えば桜を描く課題であれば、樹木全体を捉える者もあれば、花にフォーカスする者もあり、“花びら”だけ着目する者もある。

淡い色で表現する者もあれば、反対に濃い色にする者も。

それぞれの性格が意外な形で現れることが面白く、その柔軟な発想にいつも驚かされているそうだ。

彼等に触発されて、自分が普段はしない描画表現に挑むこともあり、新しい表現に向かって、生徒等は海松の背中を押してくれているのである。


たくさんのインスピレーションを持ち帰り、休日は自身の創作に専念。

仕事との両立にあたって、海松が大切にしていることは、決して無理をしないこと。

自由な発想で、楽しく描き続けるために。描くことが苦しくなってしまわぬように。 創作との距離感にも気を配っているのだそう。


彼女に敢えて、社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


海松:現代社会には休息、余暇が欠落しているのではないでしょうか。私もですが、働いて、もしくは学校などに行って、家に帰ってゆっくり休む間もなく寝る、という日も少なくありません。余暇を楽しむ時間的な、精神的な余裕が現代社会には欠落していると感じます。そんな中でも芸術活動に触れることが皆さんの余暇の充実に繋がれば幸いです。


(取材/執筆:大石)

 

海松の作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


海松のSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @mirupisu

X(twitter): @mirupisu_2

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


海松へのお仕事ご依頼、お問い合わせは上記SNS DMへ

「公務員で副業禁止のため内容が限られますが、お仕事の連絡、DMにて承ります。ぜひよろしくおねがいします!」by 海松














コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page