top of page

久遠/Kuon in GIFT2024


会期:2024年9月19日(木)~9月22日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





女性のイラスト
「龍神」

久遠/Kuon 経歴


・2022年 Gallery IYN「棺姫vol.2」出展


・2023年 skebにて依頼受付


・2023年 GENSEKI-イラストコンテスト 佳作受賞 2作品















私たちは日々の生活の中で、一体どれだけ自分の感情を的確に言葉に置き換え、人に伝えることが出来ているだろうか。

不自由なく言葉を選べているように思えても、突き詰めて考えると、胸中の思いとその言葉の間には、僅かなズレが生じていないだろうか。

ズレていることにさえ気が付かず、または気付かぬふりをして、実は言葉を妥協しているのではないだろうか。


「自分は会話が苦手で、親しい人と話す時でさえ上手く言葉を見つけられず、自分も疲れてしまいますし、いつも相手に申し訳なく感じています」 そう語る久遠/Kuonは、自身の感情に対してまっすぐ向き合っているからこそ、それに相応しい言葉を見つけることの難しさを知っているのだろう。

彼女にとって絵を描くことは、自分の心の奥底を掬い上げた思いを可視化して、人に伝える手段である。


幼い頃は絵画教室に通い、また漫画の技法書を参考に漫画やイラスト制作に熱中していたので、久遠/KUONは長年絵に親しんできた。

学生時代は、部活や同好会において趣味として楽しむ程度であったが、ふと「この趣味を本気で勉強したらどこまでいけるのだろう」と思い立ち、デジタル画表現に本腰を入れるようになって現在に至る。


絵を描く術は、思いを伝えることの難しさを近年特に痛感しているという彼女の、大きな支えになっている。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


久遠/Kuon:「感情伝わる絵」を目指して活動しています。恋心抱えた切ない雰囲気から、かっこかわいい雰囲気まで、女の子たちの抱える思いを表現できるよう日々模索中です。


少女のイラスト
「 流氷の天使 」

胸の内に蓄積した様々な感情が、ふと甦ることがある。

例えばバレンタインの季節に、チョコレートを意中の人へ渡す際の心持を思い出し、その緊張感を作品に昇華する。

また、苦しさを感じた際には「どう苦しのか」と自問して、その答えを作品の中に見出す。

久遠/Kuonのイラスト作品の数々は、彼女が己と向き合った心の記録である。


ただ、自分の思いを描くからといって独りよがりになってはいけない。

思いを伝えるための手段の絵である筈なのに、気持ちが先走りし過ぎると、鑑賞者の心に何も届かない作品になってしまう。

“伝わる絵”を生み出せなかった悔しさを幾度か味わったからこそ、久遠/Kuonは「どう描くか」ということを真剣に考え、作品制作に取り組んでいる。





Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


久遠/Kuon:「見て楽しい」のはもちろん、キャラクターたちの思いに惹かれたり向き合ったりできるような、作品を通して皆さんとお話しできたら嬉しいです。


美少女イラスト
「桜よりわたしを見てよ」

久遠/Kuonが描画の際に特に意識をしているのは、光と影のバランスと、人物の肌の美しさ。見る人の目がパッと画面に止まり、じっくりと作品と向き合ってもらえるような絵に仕上げることが目標だ。


現在、彼女は週に1枚SNSに作品を投稿することを自らに課しており、前週と比べて決してクオリティを落とさないよう心掛けているという。


「ものは試し」といった気持ちで始めたSNS投稿だったが、「僅かな人でも自分のイラストを見てくれるくれるのは、とても嬉しかった」と、彼女は活動初期を振り返る。

また、鑑賞者から直接感想が送られた際の感慨はひとしおだったそう。


自分というアーティストは、まだ小さな存在ではあるけれど、自分の作品を注目してくれる人達のためにも、もっと上を目指したい・・・そう語る久遠/Kuonに敢えて、社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


久遠/Kuon:生きている中で「自分じゃなければいけない」ということはものすごく少ないです。でもせっかくなら「久遠/Kuonの絵だから見たい」と思っていただけるようなものを作ってみたいです。


(取材/執筆:大石)

 

久遠/Kuonの作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


久遠/KuonのSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @kuonnekosuki

X(twitter): @KuonNekosuki


いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


久遠/Kuonへのお仕事ご依頼、お問合せはこちらのアドレス、ページから!


「ご依頼、既存イラストの使用希望等、ご相談お受けしています。」by 久遠/Kuon

メール:kuon.nksk@gmail.com
















Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page