top of page


春桜。in GIFT2024


会期:2024年8月29日(木)~9月1日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





女の子のイラスト
「 いつかみた夢 」

春桜。 経歴


・ 名古屋造形大学入学


・『青と藍の境界線2023』参加


・『夢宙2023』参加


・『ドローイング展vol.6』参加













小学生の頃は造形教室に通い、中学は美術部、高校では美術コースを専攻と、幼い頃から“絵”は春桜。の生活の中に溶け込んでいた。

現在は美術大学でその学びを更に深めると同時に、普段から創作の参考になる画像を探したり、技法書を買い求めたり、SNSの描画講座にも目を向けるなど、彼女の胸の内は向上心で満ちている。

就職活動が始まってからは増々意欲を強めて、イラストを仕事につなげるべく制作に力を入れているそうだ。


目指しているのは、幅広い世界観を自在に描き分け、どんな依頼にも柔軟に応じられるイラストレーター。

春桜。自身が多様な嗜好を持っており、可愛さ、格好良さ等どんなベクトルでもイラストに昇華できるよう意識をして絵を描いてきた。

仕上げたい雰囲気に合わせてペンツールのタイプには変化をもたせ、絵柄も作品毎にその主題に相応しいものになるよう心掛けているという。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


春桜。:小さい頃から絵を描くのが好きで、そのままここまで生きてきました。制作するうえでの一貫したコンセプトは特に決めていませんが、自分の「好き」は必ず取り入れています。好きな要素が多く、女の子の透明感ある綺麗なイラストも、今のところは公開できるものがありませんがかっこいい今時な男の子のイラストも色々描きたいので、「雰囲気が違っても自分らしさはある」ということを目標にして活動したいとは思っています。


バラと少女のイラスト
「 ばら姫 」

アニメ作品やゲーム作品、それからSNSで目にするたくさんのクリエイターの力作たち・・・

それらの作風に刺激を受けながら、春桜。は増々好む世界を広げていく。

綺麗なもの、儚いもの、愛らしいもの。それから、ダーク系の作品の中にある格好良さ。

心惹かれたものは自身も描きたくなるし、描いた作品を通して鑑賞者にもその魅力を伝え、その点を好きになってもらいたい。

そんな思いで、彼女はペンを走らせている。


また、幼い頃から空を見上げることが好きで、時間や季節ごとに変化するその様をカメラにもよく納めているという。

それ故に、彼女の作品には背景に空を大きく描いたものが多く、その描画には自然と力が入るようだ。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


春桜。:作品には自分の「好き」を取り入れているため、見てくださる方にも「ここが好き」とどの部分でも思っていただけたら嬉しいです。様々な雰囲気のイラストを描けるようになりたいとはいえ、基本的に「綺麗」と感じられる部分があるのが好きなので、そこが伝わるといいなとも思っています。


花と少女のイラスト
「 はなかご 」

創作をすること、イラストで表現することが習慣になっているため、春桜。の心は普段から新しいアイディアを探し求めている。

毎日の積み重ねの中で想像力が磨かれ、ふとしたことからもイメージが湧き上がり、自然と頭が作品の構成を組み立て始めるそうだ。

キャラクターに身に纏わせたい衣服やアクセサリー、持たせたいアイテム、立たせてみたい風景などなど・・・

周囲を見渡せば、想像を膨らませるための要素に事欠くことはない。

「絵にするなら、こんな構図が良いかもしれない」と、景色を眺めたり、写真を撮ることもまた創作の下準備だ。

記憶力には自信があるそうで、心の中にたくさん貯蓄した数々の閃きは、春桜。の財産と言えるだろう。


“想像力”のおかげで、日々の生活は彩りと輝きに満ち、豊かなものになっている。

そんな春桜。に、敢えて社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


春桜。:大した出来事はないのですが、私は作品を制作するうえでこだわりが強く、ラフの段階から丁寧に描くので、どうしても時間がかかります。さらに、描きたいというのはあるのにやる気が出るのが遅く、今美大に通っているのですが、課題でも毎回苦しむことになってしまいます。「こだわりがある」「丁寧」というのは長所にもなりますが、やはり自分を苦しめることになるので程よく発揮できるように努力したいです。


(取材/執筆:大石)

 

春桜。の作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


春桜。のSNSも、是非ご覧ください。

X(twitter): @hrkart_9071

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


春桜。へのお仕事ご依頼、お問合せにつきましては、

「今は課題優先ですが、Twitter(@hrkart_9071)のDMからお願いいたします。」

by 春桜。














Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page