top of page


あなあきヒマワリ in GIFT2024


会期:2024年3月7日(木)~3月10日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





街並み
「 わすれないように 」

あなあきヒマワリ 経歴


・芸術学部のある大学の芸術学部を卒業


・『きゃわいい共和国 ~闇~』出展(主催:Gallery IYN)


・『幸せのカケラ2023』出展(主催:Gallery IYN)


・「LOCAL ACTION」にて作品展示(主催:「彩-irodori-日曜」実行委員会

/自家焙煎珈琲 Caféふろんてぃあ






幼い頃から絵を描くことが好きで、制作に打ち込む時間の増減はありながらも、社会に出てからも創作活動を続けてきた あなあきヒマワリ。


自分の個性を如何にして発揮するか、誰にも真似のできない自分だけの「必殺技」とも呼べるようなスタイルを見つけたいと、模様を連ねて描き上げるゼンタングルに挑戦したり、風景画や写真による自己表現を試みたり・・・・・・


様々なジャンルに飛び込んで、これぞと思う表現方法を探すこと。それは、ある種の「自分探し」。


職場でかけられた ある言葉をヒントを得て、見つけ出した彼だけの太陽をに向かい、あなあきヒマワリは表現者としての花を開かせた。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


あなあきヒマワリ:あなあきヒマワリは職場の人から言われた「どうした?お腹が空気しか無くなってる感じするぞ。お腹の炎(活力的な?)がないぞ......?」

という言葉からインスピレーションを受けて生まれました。

ここに出てくるモチーフは過去悩んでいた自分自身です。

ヒマワリは、太陽に向かって伸びます。

あなあきヒマワリは、自分自身の太陽(職場の人のいうお腹にあるらしい活力)に向かって伸びたいのですが、お腹の太陽がみつからず、穴の空いたお腹を通過し、活力を探しています。


「 あの夜を 」

「お腹の炎」という言葉が頭から離れず、なんとかこれを形にできないものかと考えた結果、ひまわりの花の頭部を持ち、腹部の透けたユニークなキャラクターが誕生した。


自身の進むべき道を探し求めるその姿に、現在や過去の自分を投影する人も多いことだろう。

作品をSNSで投稿を始めてから、様々な縁に恵まれて、発表の場も徐々に広がっていった。

絵を通して知り合った人々や、身近で応援してくれる人々の存在が、あなあきヒマワリの創作の活力にもなっている。


自身の世界観がより多くの人の心に残るよう、作品単体としての魅力を磨くだけでなく、長く愛用してもらえるようなグッズ展開にもより力を入れたいと考えているそうだ。


あなあきヒマワリのお腹に灯った炎は、彼の進む道を明るく力強くを照らし出してくれている。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


あなあきヒマワリ:自身の思うGIFTの形を、

捉え方の一つとして持ち帰っていただけるような絵をお届けできればと思っております。


「 スケール_001 」

日々の生活の中で、時には、見つけたと思った灯火を見失ってしまうこともある。

しかし、自分の心と向き合って創作に打ち込むことで「ちゃんと灯っているな」と再確認をすることができる。

お腹の炎のぬくもりを感じられるとこと・・・これは、創作というものが あなあきヒマワリに与えてくれた大切なGIFTだ。

「その素晴らしさを絵で表現し、見る人にも伝えられたらうれしい」と、彼は語る。


絵の中の、まだ炎を見つけられずにいるヒマワリは、かつての自分の姿。

お腹が空っぽでも、焦らなくても良い。「頑張れ」と鼓舞するよりも、「しんどい時はしんどいよね」と寄り添う気持ちで描いているのだそう。


もう空っぽのお腹ではなくなった あなあきヒマワリに、敢えて社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


あなあきヒマワリ:自身のことで恐縮ですが、

いい面もあり悪い面もあるのですが、

怖いなと思うものが多いなと

思っています。


(取材/執筆:大石)

 

あなあきヒマワリの作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


あなあきヒマワリのSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @anaakihimawari

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


あなあきヒマワリへのお仕事ご依頼、お問合せはこちらから↓

site

メール















bottom of page