top of page


suzuka in GIFT2024


会期:2024年9月5日(木)~9月8日(日)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





人物イラスト
「 髪切った 」

suzuka 経歴


・京都造形芸術大学(現:京都芸術大学)情報デザイン学科 イラストレーションコース出身


・岡町商店街にて展示会開催


・Gallery IYN Message展 出展















人物イラスト、特に女性の柔らかな雰囲気を繊細な線で描くことを得意とするsuzuka。

大学の卒業制作でボールペン画を手掛けて以来、こまやかな線描写に磨きをかけ、近年は細筆のコピックを用いている。

彩色にはアクリルガッシュを使用し、こちらは大学受験の折から愛用してきた。

水に薄く溶けば水彩ような表現もでき、厚く塗り重ねることもできる、その汎用性が魅力であるとう。


現在彼女が本業としているデザインの仕事においては、一日パソコンに向かうことが殆どであるが、だからこそ余暇はアナログ画材ならではの描き味をしっかり楽しみながら、イラスト制作に打ち込んでいるそうだ。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


suzuka:幼少期からお絵描きが大好きでした。好きなことを仕事にしたい!と思い芸大に入学し、紆余曲折ありましたが今は商社のデザイナーとして働いています。お仕事はグラフィックデザインがメインなので今はイラストを描く事は趣味ですが、いつかこちらをメインの仕事にしたいという夢があり、できる範囲でコツコツがんばっています。


人物イラスト
「 また明日 (ポインセチア) 」

いつかCDのカバーや本ので表紙イラストを仕事として手がけるようになりたいが、今suzukaが一番取り組みたいと考えているものは絵本作りだ。

彼女は親族が運営する幼稚園の蔵書を幼少期にたくさん読み、長年絵本に強い親しみを感じてきた。

絵本作家・降矢なな の「ともだちや」シリーズは特にお気に入りだったそう。

今でもそのストーリー展開やその絵柄、ダイナミックな構図、画面の躍動感に心惹かれ、制作の参考にもしているという。


GIFT展では、自分と同じく社会で奮闘している大人達のための絵本を披露し、その後もそうした絵本を作り続けていきたいそうだ。




大学を卒業すると作品を他者に見て貰う機会が激減してしまったため、SNSは貴重な発表の場だ。

「たとえ僅かな人数であっても、見てくれる人の存在に創作の活力を与えてもらっている」そうsuzukaは語る。

そうして鑑賞者に力を貰う一方で、学生時代のように指導者の目線を意識しなくなったことから、以前よりも伸び伸びとした気持ちで、好きな表現ができるようになった。

指導で得たことも大きかったが、批評をされることを前提に身構えて描いていたいた点もあったので、今は自由に描くことを楽しんでいるのだそう。

自分が良いと信じるものを貫きつつ、独りよがりにもならないようSNSでバランスを保ち、彼女はこれから独自の世界観をより深めていくことだろう。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


suzuka:私の作品を見て、少しでも明るい気持ちになって頂けると嬉しいです。大学生ぶりに絵本に挑戦しようと思っています。この絵本で社会人になってから感じる事…、みんな毎日頑張っててえらい!たまには力を抜いてもええんやで!という事を伝えたいです。

っといって、全く別のもん描いてたらすいませんー!笑


人物イラスト
「 しゅき 」

真面目に仕事に取り組むことは、とても大切なこと。

しかし社会に出て間もない頃は、あまりに気負い過ぎてしまった為に体調を崩してしまい、反って周囲に迷惑をかけてしまったことがあると語るsuzuka。

足を引っ張らないように、役に立てるようにと奮闘し、我武者羅に頑張ったことが裏目に出てしまった。

その経験によって気付いた“適度な休息”の重要性を、彼女は絵本で伝えようとしている。


仕事にしても、絵を描くにしても、何事も体が資本。

それを痛感してからの彼女は、体力に余裕のある休日は運動をして健康な体作りに勤め、疲れ切っている時は何もせず、ひたすら体を回復させる事に専念するようにしている。

そうして体調を整えることが最優先に過ごしつつ、できる範囲で絵を描く時間も作る努力も忘れない。

アナログの描き味を大切にしているので「描画の感覚が鈍らないよう気をつけたい」のだそうだ。


今回の取材で自身のこれまでの歩みを振り返り、創作が自分の人生の軸になっているのだということに気が付いたとsuzuriは語る。

交友関係、職場の仲間たち、現在の生活そのもの、すべてが創作が与えてくれた贈り物である、と。


彼女に敢えて、社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


suzuka:休んだり立ち止まることに罪悪感を感じる人が多い気がします(私もですが…)頑張る時に頑張れてたら、休むことや立ち止まることは悪い事じゃないと思います。

過去に、休むのは悪!くらいに思って全部頑張りすぎて、鬱っぽくなって逆に何もできなくなったことがあるので、休むのって大事だと感じました。健康第一です。心も身体も。


(取材/執筆:大石)

 

suzukaの作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


suzukaのSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @suzuka_snp

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


suzukaへのお仕事ご依頼、お問合せは上記SNS DMまたは下記アドレスへ

suu.8911@gmail.com

「お仕事承ります。よろしくお願いします」by suzuka













Comentarios


bottom of page