top of page


玄武 in GIFT2024


会期:2024年3月1日(金)~3月4日(月)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





イラストレーション
「 青の人 」

玄武 経歴


・2021年「鬼と式神」 出展 (Gallery IYN)

・2022年「夢色~三原色~」 出展(Gallery IYN)

・2022年「天使と悪魔 悪魔の誘惑」 出展 (Gallery IYN)

・2023年「青と藍の境界線2023」 出展 (Gallery IYN)

・2023年「顔展3」 出展(Gallery IYN)







小さい頃から漫画やアニメ作品に親しみ、それらの絵を模写したり、二次創作をするなどして楽しんでいた玄武。

愛読作品に特に好きなキャラクターがいたが、その後どんな作品を見ても その人物以上に夢中になれるキャラクターは現れなかった。

どうせなら、自分の「好き」だけで構成されたキャラクターを生み出して、その世界観の中で遊んだほうが楽しいと、オリジナル作品に本腰を入れ始めたのは高校を卒業した頃。

社会人になった今も、一時創作は大切な日課であり、作品のことを考えることで毎日が楽しくなっているという。


悪役、敵役に心惹かれるという玄武が生み出すキャラクターは、賭物として眼球を蒐集する賭博しや、常に怒りをたぎらせている鬼など、彼女ならではの理想が投影された悪くてかっこいいダークヒーローたちである。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


玄武:創作は世界観が複数。始めたきっかけは恐らく好きなキャラや漫画がないなら自分で作った方が早いなと感じたからだと思います。


イラストレーション
「 憤怒 」



玄武が、絵を描く上で何より大切しているのは「楽しい」と感じる気持ちだ。

どんな作品にもかならず好きなポイントがあって、創作中のモチベーションの高さが、完成画面に生き生きとした輝きを与えている。


日々の生活の中で、落ち込むことや嫌なことがあったとしても「自分にはこれがあれば大丈夫」と思えるものがあれば、それで良い。

そんな思いで描いてきたイラスト作品をSNSや展覧会に発表する中で、少しずつだが創作活動を見守ってくれる人が増えてきた。

鑑賞者の評価から上達を実感できたり、客観的な感想から自分の特性について気付かされることもあるという。

自分の作品を見てくれる人の存在が自信に繋がり、ますます制作が楽しくなっているそうだ。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


玄武:描き続けるといいことがあるというのを知って欲しいですね。私自身このような展示をさせて頂けると思っていなかったので、お声掛け頂けるのが毎度有難いです。


イラストレーション
「 さてどちら? 」

アナログ画とデジタル画の両方を手掛けるが、玄武が特に好きなのはアナログ技法。

万年筆インクの鮮やかな発色を楽しんだり、柄物のマスキングテープを貼り付けてみたり、原画作品だからこそ出来る表現に拘っているという。

しかし、デジタル画は様々な加工処理が施せるほか、描き直しが簡単にできるという気軽さから、こちらも積極的に活用していきたいと考えているそうだ。


突発的にアイディアが湧いてくるので、これからどんなキャラクターでどんなイラスト作品が生まれてくるのか、玄武自身にも予想がつかない。

また、これまで生み出したキャラクターたちを、より掘り下げて描きたいとも考えているとのこと。

独自のキャラクターたちを心に住まわせ、彩りのある充実した毎日を過ごす玄武に、敢えて社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q.現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


玄武:あまり思い付きません


(取材/執筆:大石)

 


玄武の作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


玄武のSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @vipera002

twitter: @MDNESs01

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。

















bottom of page