top of page


ba_ya in GIFT2024


会期:2024年3月15日(金)~3月18日(月)

会場:Gallery IYN


~会期中の通販購入について~


展覧会初日に、展示会場の様子が本ページ内にアップされます。

展示作品の中でお気に入りのものを見つけたら、LINEで簡単に購入が可能!

お友達登録をお済ませ頂き、作品名と作家名をご明記の上「購入希望」とメッセージを送るだけ!

スタッフが迅速に対応し、作品の詳細や購入手続きのご案内をいたします。

独創的で、素敵なアートをもっと身近に・・・

新しいショッピング体験を、どうぞお楽しみください。





チョークアート
「 冬物語 」

ba_ya 経歴


・オレンジリボン平和貢献大賞


・現代国際秀麗作家賞







勤務先のコンビニで、商品のポップやカフェコーナーメニューの看板を手掛けるようになり、ba_yaが描く作品は、かれこれ10年以上 来店する人々の目を楽しませてきた。


子供の頃から描くことは好きだったが、専門的に習ったことはなく、描画方法は全くの我流。

描き始めた頃は「自分には描けない」と思い込んでいたもの、例えば写実的な動物画や、人物画なども、挑戦してみると不思議と難なく描く事ができた。


外に出す看板は雨に塗れても良いようにポスターカラー、室内に設置するものはチョークパステルで。

用途に応じて画材を使い分け、「せっかく足を運んでくれた人を、できるだけいつも違う看板でお迎えしたい」という思いから、二週間に一度は内容を一新するよう務めているそうだ。

アイディアを絞り出すのは一苦労だが、季節感を演出できるモチーフを取り入れたり、メニューを映画の名作になぞらえるなどして、いつも趣向を凝らしている。


看板作品を投稿していたSNSを介して誘われた展覧会の出展が契機となり、ba_yaは仕事の一環として描いてきたものとは全く異なるアート作品に挑むことになる。

ペガサスや青く輝く月など、以前から自分が好きだったものを描き入れたり、その時々の閃きで、なにか物語を想像させるシンボリックなものを描いたり・・・

ただ好きなように、心の赴くまま、描きたいようにチョークを走らせるてみた。

そうして描いた作品達が「オレンジリボン平和貢献芸術大賞」や「現代国際秀麗作家賞」に選ばれた際は、喜びよりも「わたしの絵でいいの?」という戸惑いの方が大きかったのだとか。




Q. 創作コンセプトや創作活動を始めたきっかけや経緯を教えてください。


ba_ya:勤務するコンビニのカフェコーナーの黒板制作、ポップ制作がきっかけとなりました。


チョークアート
「 物語の始まる時 」

看板描きとして積極的に自分を売り出したことはないが、コンビニ内の看板を見て「ぜひ自分の店のメニューも」と依頼されることが幾度もあり、そこからba-yaの世界は大きく広がった。


外へ飲みに出る習慣はない彼女にとって、居酒屋やバーは縁遠い店だ。看板製作のために、そうした普段行かない場所に赴くことも楽しく、店を営む夢多き若者たちと話をすることも刺激的だった。

キッチンカーで全国を回っている依頼主からは、様々な土地の思い出話をを聞かせてもらった。


現在はあまりに多忙なため、新しい依頼は引き受けられずにいるが、こうして絵が与えてくれた思いがけない出会いの数々は、ba_yaの大切な宝物である。


また、SNSを通してペットの病と共に闘う愛犬家・愛猫家の存在を知り、少しでも彼等の力になれないかと、ba-yaはペットの絵のリクエストも受付けるようになった。

絵を贈ることで、少しでも元気になってもらえたら、力になれれば・・・

そう願って手がけた作品は、すでに100点は超えている。

時間の許す限り、この活動は今後も続けていくつもりだ。




Q.あなたの作品で、鑑賞者にどんな気持ちをGIFTしたいですか。また展示に向けての意気込みも教えてください。


ba_ya:ご覧になる方が、優しい気持ちになられたらうれしいと思います。日常の煩わしさの、ほんの癒やしの場になって下さりましたら、幸いです。


チョークアート
「 Merry Christmas 」


「期日に追われることなく、じっくりと作品作りに打ち込みたい」と、2024年の春以降、ba_yaしばらく展覧会の出展を控えるつもりだ。

いま、彼女にはひとつの夢がある。それは、オリジナルの絵本作品を作ること。


幼い頃から絵本が大好きで、たくさんの作品に触れてきたba_yaの胸中には、ぼんやりとだが絵本制作への憧れがいつしか宿っていた。

その構想が、最近になってようやくまとまってきたのだそう。

目指すのは、幻想的で詩的な大人向けの美しい絵本だ。


絵本への挑戦によって、ba_yaはその才能をより大きく開花させることだろう。

そんな彼女に、敢えて社会や自分には足りないと感じているものについて聞いてみた。




Q.現代社会に欠落していると感じる事や、自分自身の体験等から欠落していると感じる事を聞かせて下さい。


ba_ya:人に対する思いやり、些細な気づかい…でしょうか。


(取材/執筆:大石)

 

ba_yaの作品を心ゆくまで堪能できる4日間

GIFT2024を、どうかお見逃しなく!


ba_yaのSNSも、是非ご覧ください。

instagram: @ba_ya8366

いいねやフォロー、ご感想メッセージ大歓迎です。


ba_yaの作品へのお問合せやリクエストは、Instagram DMにて!
















Comments


bottom of page